アイシャドーと眉毛の作り方について

PR| リンパドレナージュの資格を最短期間で |

わたしはモデル業をしていたことがあります。今日はそのときのメイク術や体験について書きたいとおもいます。モデルをするにあたっては自分自身が健康で正しい姿勢を維持することが必要でした。そこで姿勢の矯正のために脊椎の治療にも定期的に通っていましたし、渋谷で有名な美容皮膚科やプロダクションと契約しているサロンで業務用のエステ機器でのお手入れもしていました。また少しでも顔が小さくなるように有名人が通うことでも話題の表参道の小顔エステで施術してもらいました。長町の内科クリニックで定期的に検診を受けるなど、とにかく病気にならないように気をつけていました。

より魅力的な目元を作るために最近話題のマツエク、ボリュームラッシュでエレガント な雰囲気にしたり、効果的なメイクの方法はいくつかありますが、それは自分に合うかどうかとなるとまた別問題となります。色々試していって、最終的に落ち着くものが似合うものになるのでしょう。ここでご紹介するのは一般的に日本人の目鼻立ちに合うものなので、正しい正しくないを追求せず、あくまで自分に合うかで参考にしてみてください。

まずはアイシャドーから。アイシャドーはラメ入りでキラキラしていて華やかな目元を演出できます。しかし、一重であったり、二重でもその幅が狭い日本人では、たとえ瞼に塗ったとしてもアイシャドーが目を開いた際に埋もれてしまいます。しかし、欧米の人たちと比べると目と眉の間が広いので、瞼の上、眉毛の下、この間にアイシャドーを塗ることで、目を開いている時にも目元を華やかに見せることができます。このコツを覚えておけば、アイシャドーを塗っているのに誰にも気づいてもらえないという状況を回避できるでしょう。

次は眉毛についてです。眉毛によって人の顔は8割決まると言われています。守ってあげたいと思わせるような眉毛は八の字型。大人な印象を与えるのは外に向かって上がる眉。どちらにしたいかによって自分の元の眉毛を整える必要があります。剃るのに失敗しないように慎重にお手入れをしましょう。それからメイクをすることで理想の眉の形になります。眉マスカラを使うのであれば、今の自分の髪色よりワントーン明るい色がおすすめです。

垢ぬけた印象になるので違和感もありません。塗る時のコツは、眉毛の流れに逆らって塗ることです。その後、毛の流れに沿って塗ることでキレイに満遍なく塗れます。海外では作り物のようなパキッとした眉がトレンドですが、日本では逆に眉の境目がわからないくらいのフワッとしたものが人気なので、仕上げにパウダーを使って眉の周りをぼかすと良いでしょう。これによって柔らかい眉毛となり、優しい印象を与えます。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|AGAでお悩み解決|健康に役立つ口コミ情報|生命保険の口コミ.COM|エステサロンを上手に利用する情報サイト|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|女性のための薄毛治療研究会|